FC2ブログ

Entries

ひまわりファクトリーの井上真由美さんのお礼のメッセージ頂きました! 

◎第5回チャレンジドカップ 銅賞の副賞として
  「パン屋さんよろず相談賞」で
    加藤晃さんが 沖縄「ひまわりファクトリー」にパンの指導に行き
ひまわりファクトリーの井上真由美さんのお礼のメッセージ頂きました!
 
平成23年度
   第5回 チャレンジドカップ
  ~夢のパン・菓子コンテスト~
       パン部門 銅賞 副賞品
              副賞協賛社 株式会社 櫛澤電機製作所
                     加藤晃氏 技術指導1日券

     加藤晃氏 派遣日時・場所
        日 時 : 平成24年5月8日・9日
        住 所 : 沖縄県豊見城市字渡橋名92番地1
               ひまわりファクトリー(多機能型事業所)
IMG_4961.jpg


<待ち望んでいた加藤さん(パン技術者)来所>
  
  平成23年11月26日(土)に参加したチャレンジドカップのパン部門第3位の副賞として、
パンの技術者派遣という素晴らしいものを頂いた。 そしてついに、平成24年5月8日・9日
待ち望んでいたその日がやってきた。沖縄はすでに梅雨入りしており、8日は何とか晴れて
いたものの、9日は朝から雨が降り、うっそうとした梅雨空が戻ってきた。
しかし、ひまわりファクトリーでは、両日パンの技術指導で職員達は湧きたっていた。
IMG_4965.jpg

  8日の午後から始まった技術指導は、加藤さんのテキパキとしたリズムを刻むような指導に職員達はついていくのに必死だ。特に、細かい指導の時は聞きもらすまいと必死にメモしているが、
そんな時でも、加藤さんの目は次にすべきところに向いている。私は、パン作りはできないのに、
なぜかその場を離れる事が出来ないでいる。加藤さんの口からパンに関する思いや、お客様に
対するお話があまりにも素晴らしく職員とは別の思いで離れないでいるのだ。
しかし、やっぱり久しぶりの立ちっ放しはきつい。加藤さんはお年を召していらっしゃるので
(すみません)椅子を準備しようかと思いきや、反対に若い(?)私の事を気にかけられ、
「足が疲れませんか」と声をかけられた。 パンの気持ちになったパン作りはあっという間に
過ぎていく。材料の特徴や、細かいテクニックなど次々と御口から出てくる。
また、自然を見方にしたパン作りで、どのような気象条件のもとでもパンは作れるということを
お聞きし、「沖縄は暑いので」という言い訳を今後は「暑い沖縄でも」という言葉に変えていこう
と思った。特にこの事は、パン作りだけではなくいろんな場面で使いたいと思った。
 パンの仕込みの際は、機器のようにと表現したら良いのか、又は流れるような手つきでと表現したら良いのか、とにかく正確にパンを奏でていく様は、見ている人たちを感心させ、また、パンの出来  上がりを大いに期待させるものだった。後に、「神のような手」と他の方から聞かされ同感した。
パン作りは午後1時から夕方の6時まで続けられ、その日に出来上がったフランスパンや食パン等を試食し、あっという間に1日の日程は終了した。
  9日の朝は雨が降り、鉄道のない沖縄の道路は、通勤や子供たちの送迎で車を出す人が多く、
大変混んでいる。それでもカーナビでの誘導は雨や混雑などお構いなく進み、時間に正確な加藤さんをやきもきさせていたように思う。 施設に着かれた後、すぐに着替えられ、パン工房に向か  われた。狭い施設であるが、あとを追うように私も加藤さんの後についていった。
昨日と変わりないリズムで、また、パンの気持ちになったパン作りの指導は行われていく。「一つの部屋でも温度差があり、パンの生地の置き場所を考えないといけない」というようなアドバイスは、本当にパンの事を知りつくした(愛した)人の言葉だなと感心した。
  今日は、昨日仕込んだものや、また、一つの生地でいろいろとアレンジしたパンなど、時間差で次々とパンが焼きあがってくる。無駄のないパンの利用方法は、これまで長い間、パン販売での課題と なっていた解決の糸口となった。
  時間は今日も飛ぶように過ぎていく。朝、8時からスタートした技術指導はあっという間に、昼食の時間となり、加藤さんと共に施設の給食を食べた。本日のメニューは和風スパゲッティーとスープ、 牛蒡サラダ。加藤さんとご一緒に昼食を取るも、あっという間に食事を済まされ、
またすぐパン工 房へ向かわれた。私も加藤さんの後を追うようにパン工房へ向かう。午後からは次々とパンが焼きあがり、昼食でいっぱいのはずのお中とは裏腹に、試食をしたい気持ちを抑えきれず 次々と試食していく。「昼食をひかえておけばよかった」と少し後悔した。
 レーズン入りカンパーニュ、パリパリのクロワッサン、フランスパンで作ったフレンチトースト、
ブドウの形をしたブドウパン等次々と出来上がってくるパンを試食しながら、食べさせたい人の顔までも一緒に浮かんできた。今後は、指導して戴いたパンを施設の利用者と共に作れるように、職員達に「頑張れ」と祈りたい。
 9日の午後、ついにパン技術指導の最終章を迎えた。1日半の中身のいっぱい詰まった技術指導は、パンに対する愛情がいっぱい詰まった本当に素晴らしい時間だった。「何かありましたらいつでも
お電話ください」と言われ、職員の一人ひとりと握手された加藤さんに本当に心から
感謝を申し上げたい。IMG_4970.jpg
IMG_4976.jpg

  最後に、この度、この企画を実行して戴いたチャレンジドカップの皆様方に心から感謝申し上げますと同時に、いろいろとコーディネイトされ、副賞を提供して戴きました澤畠光弘様に感謝申し上げ、
  技術指導のご報告と致します。
 
         平成24年5月11日
                  ひまわりファクトリー 
                  管理者   井上真由美

  ※嬉しい手紙です。ますます
第6回チャレンジドカップ成功目指して楽しく頑張ろう!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kusizawa.blog14.fc2.com/tb.php/173-bec6ba67

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kusizawa

Author:kusizawa
「パン屋さんよろず相談室」
株式会社櫛澤電機製作所
http://www.kusizawa.com

富士山溶岩窯、溶岩窯リールオーブン
石窯、電気タンドール窯、ピッツア窯
製作
パン作りからパン屋さん経営ノウハウの指導を行っています。
第9回チャレンジドカップ事務局
特定非営利活動法人NGBC事務局

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -